ミリオンライティング(Million Writing)を返金してもらう方法の流れを解説

こんにちは。山崎誠です。

 

今回は、ライティング教材として有名なMillion Writing(ミリオンライティング)の返金方法について解説します。

ミリオンライティングに興味があるけど、買ってみて微妙だったら返金できるのか不安な人にとっても参考になるはずです。

それでは、流れについて解説していきますね。

 

Million Writingを返金してもらう方法

返金の申請方法は超簡単です。

info@copyrighting-supremeprinciple.netにメールしよう

info@copyrighting-supremeprinciple.netにメールをします。

メールタイトルは「Million Writing返金のお願い」

メール本文は以下のような感じ。

 

お世話になっております。●●と申します。

million writingの返金をお願いしたくご連絡いたしました。
  • 購入時ASPより発行される決済番号
  • 購入者氏名:●●(フルネームで入力)
  • 返金先の口座情報(銀行名・支店名・普通/当座・口座番号・口座名義)

以上、お手数をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

●●

上記のような形で大丈夫です。

すると、早くて数時間後には返金されます。合わせて、教材販売者の宇崎恵吾さんから返金手続きをした旨のメールが送られてきます。

これで返金の流れは以上です。かなり簡単ですよね。

 

私の場合は、数時間には返金が確認できました。対応の速さにびっくりしたのを覚えています。

もし本当に返金してくれるのかが不安でMillion Writingの購入を迷っているなら、100%返金されるので安心して購入して良いと思いますよ。

 

記事が参考になれば幸いです。それでは。