ミリオンライティングのバックエンドについて詳しく解説します

コピーライティング教材「ミリオンライティング」は、年収5億円と言われているコピーライターの方からテクニックを学んだという宇崎恵吾さんが販売しているコピーライティング用の教材です。

 

とても評判がよく、さらには非常に低価格なコピーライティング教材として知られています。

 

そんなミリオンライティングのバックエンド商材について、今回は解説して行きたいと思います。

 

ミリオンライティング(Million Writing)のバックエンドとは?

1つ目のバックエンド商品

まず僕が購入して初めにみたのは「Copyrighting Affiliate the Union(ユニオン)」です!

 

ユニオンは、宇崎さんがお勧めする教材と一緒にミリオンライティングを買うともらえる教材です。

 

 

2つ目のバックエンド商品

次に購入した「バックエンド」といえるものは、宇崎恵吾さんがお勧めする「才ゼロ」です。

 

「才ゼロ」はアフィリエイトを行うために役立つブログ記事の書き方の教材として宇崎さんがおすすめしているものです。ミリオンライティングを手にする前にこちらを読むとよいとおすすめされています。

 

ミリオンライティングはセールス記事の書き方についての教材のため、ブログ記事を書く用として「才ゼロ」がおすすめされているというわけです。

 

 

3つ目のバックエンド商品

3つ目のバックエンド商材は、「copyrighting affiliate program(コピーライティングアフィリエイトプログラム)」です。

 

こちらは1ヶ月契約と、1年契約がありましたが、1年契約をしてしまいました。

 

 

こちらを購入した際の特典は、スカイプのサポートやブログの添削、作ったブログやメルマガを宇崎さんのメルマガで紹介してくれるなどです。

 

 

その他にもまだまだ高額なバックエンドがありますが、基本的にはこれら3つのバックエンドが目玉になります。

 

まとめ

今回は、ミリオンライティングのバックエンド商品について解説しました。

 

ミリオンライティングは、コピーライティングの教材としてとてもためになる教材なので、今すぐ使わないという方でも後々役に立つものだと思います。

 

ミリオンライティングでセールスライティングの深い知識を学ぶことで、これまで気付かなかった『文章に込めた販売者側の思惑』が手に取るようにわかるようになります。

 

すると、不要な情報商材を買うことがなくなります。『あ、これは詐欺商材だ』とか『ここで恐怖の感情を煽っているな』とかわかるからです。そんな販売者目線で見ても、ミリオンライティングは面白い商材かもしれませんね。

 

3980円とそれほど高い教材でもないので、飲み会を1回断るような気分で買ってみると良いと思いますよ。記事が参考になれば幸いです。

 

こちらのページでは、当サイト限定のミリオンライティング購入特典についてご紹介しているので、買おうか迷っているならぜひご覧ください。